☘赤ちゃんの夜泣きの原因と対処方法は・・・?

赤ちゃんは泣くことが仕事、だから“夜泣き“は仕方ない😢

なんて言われても、

毎日のように泣かれてはママ・パパにとってはたまりませんよね!

昼間はあんなに元気に遊んでいたのに・・・夜になると決まって・・・(´;ω;`)

夜中に何回も起こされると、睡眠不足や、ストレスとなって

つい“イライラ“がでてしまいます!

私は今でも、辛かった日々を思い出すと泣きたくなってしまいます(´;ω;`)

赤ちゃんの夜泣きは、新生児から始まる子もいれば、

生後5、6か月くらいからの子もいて

毎日ということはありませんが、

1歳ころまで続く子、2歳ころまで続く子もいて、

赤ちゃんによってさまざまなようです!

赤ちゃんは“泣く”ことでしか気持ち、状況を伝えることができないので

“夜泣き“する理由、そのサインを察知してやらなければいけませんよね!

今回は、子育てママの“宿命”でもある、

【赤ちゃんの夜泣き】の理由、対処法などについて一緒に考えていきたいと思います( ^)o(^ )

また、ママを泣かせる悩みで、“赤ちゃんの寝ぐずり”がありますが

“夜泣き”と違うところは、

“寝ぐずり”というのは、寝る前にぐすぐすと泣いたりしてなかなか眠れないことなんですね!

“寝ぐずり“の訳と対処法については、

コチラをご覧ください⇒“寝ぐずり“解消したい・・・対処法は?

赤ちゃんが夜泣きする原因ってなに・・・?

なぜ赤ちゃんが夜泣きをしてしまうのかといえば、

冒頭で言いましたように、泣くことで、夜に感じる何かの“不満”を訴えているんですよね!

お腹がすいてお乳を欲しがっているとき

これは夜泣きするときの一番多い理由ですね。

特に新生児のころは、2,3時間間隔でお乳を欲しがるので

授乳感覚が長くなって安定してくるまでは、

夜泣きは覚悟しなければ、ということですね(´;ω;`)

時間的睡眠サイクルが乱れているとき

寝る時間が毎日決まってなかったり、お昼寝の時間が不規則だったりすると、

睡眠サイクルが乱れて、夜中に眠れなくなり夜泣きにつながることがあるようです!

おむつが汚れているとき

短時間サイクルでお乳を飲んでいるうちは、

おしっこやうんちの回数が多く、授乳後にすぐということもありますので

“泣く”のサインが出たら、おむつの汚れを察してあげましょうね( ^)o(^ )

昼間の刺激的なことに興奮しているとき

”寝ぐずり“の場合もあることなのですが、

初めて公園に連れて行ったり、多くの人が集まるスーパーへ行ったなど

その日初めての体験・刺激的なことに気持ちが高ぶって

夜泣きにつながるようです(´;ω;`)

お布団の温度があっていないとき

新生児のうち(1歳ころまで)は体温調節がまだうまくできず、

環境の影響で熱を溜めやすいため、

赤ちゃんの平熱の幅が37.5度までと、少し高めなんですね!

そのため、ママの感覚であまり厚着をさせると

暑くて眠れなくなって、泣いたりすることがあるようですよ(´;ω;`)

夜泣きを解消する・・・対処法は?

では、どうしたら“夜泣き”をなくすことができるのかといえば

まずは、前述の“夜泣きする原因“5パターンに対処してみてほしいと思います!

それでも泣き止まない場合は次の方法を試してみてはどうでしょう( ^)o(^ )

寝る前に、「今から寝る時間だよ♪」というサインを習慣づける

子守歌を唄ってやる、静かな音楽を聞かせてやる

いつも同じところを撫でてやる

お風呂に入る等、

赤ちゃんがリラックスして眠りに入っていけるようなことを習慣にするといいと思います(^▽^)/

カラダをくっつけて安心させる

泣きだしたら赤ちゃんにくっついて、そっと頭に手をふれたり

抱っこしてユラユラと静かに揺らしてやる、

また、添い寝をしながらおっぱいを含ませてやるだけでも

赤ちゃんは、リラックスした気持ちになり、安心してまた寝付くこともありますよ( ^)o(^ )

意外なことに、こんなこと(ホワイトノイズ)も効果があるんです

ガシャ ガシャ、ズズズッ、ザァー ザァーなど

大人にとってはイヤな雑音でしかない音でも、

意外なことに、赤ちゃんには心地よく聞こえる

ホワイトノイズといわれる音があるんですよね(^▽^)/

ビニール袋をつぶしてガサガサ音を出してやったり

ペットボトルに小豆等を入れ軽く振って、

ザラザラと音を出してやると泣き止むことは結構ありますよ(^▽^)/

赤ちゃんの“からだの反射“を誘うと泣き止むことが!

これは逆効果のようですが、意外と効果があるみたいです( ^)o(^ )

耳のあたりやおでこなんかに、ふっと息を吹きかてやったり

指で耳の中をコチョコチョしたりすると

赤ちゃんは、この急な刺激に「なんだろう⁉」と意識がそちらへ向き、

不思議がってピタッと泣き止むこともあるんですね!

まとめ“として

赤ちゃんの“夜泣き“って、ママはすごくストレスに感じてしまいますが、

じつは、夜に泣くから大変と思うだけで、赤ちゃんはいつでも泣いているのですよね!

赤ちゃんは昼、夜関係なしでお乳を飲んで、眠り、またお乳を欲しがって泣く、を繰り返しているそういうものなんです(^▽^)/

「赤ちゃんが夜泣くのは普通のこと」と思えば

過敏になったり、不安に思ったりすることはないんですよね!(^^)!

赤ちゃんにも個人差がありますので、

夜泣きへの対応方法は、その子それぞれに違うと思います!

ですので、「こんな時わが子にはこんなことをするといい」

というような“夜泣き対応”をみつけて

子育て、ガンバってほしいと思います(^▽^)/

今回は、赤ちゃんの夜泣きの原因と対処方法は・・・?について
お話しさせていただきました。

なにか参考にしていただけたらうれしいです!(^^)!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう👋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする