☘中学生へのしつけ方、ワンポイント!

小学生のころまでの時期は、

パパ・ママの言うことを、言われたままよく聞いてくれたり、イヤイヤながらも比較的素直になってくれことが多かったのですが、

中学生になって、大人への成長過程の中で自我も生まれ、精神的に不安定になりやすい時期になると、

子供のしつけについて、どう接していけばいいのかの悩みもでてくるのかなと思います!

今回は、親子のコミュニケーションにおいても、なにかと難しい思春期、“中学生へのしつけ“の、大事なポイントについてです( ^)o(^ )

💛大人として接してやると、親の言うことを受け入れてくれる(^^♪

中学生にもなると自主性も徐々に生まれ、

人に言われなくとも!」というような気持ちもでてきて、親の言うことに無条件に従わなくなるんですよね!

反抗期を迎えるころの中学生時期では、

子供自身が、親の言うことが正しと思っているときでさえ、反発することもあるくらいです(´;ω;`)

そういった時には、間違いなく「正論」だとしても、親の言いつけを押し通したところで逆効果を招くことにもなりかねません!

この時期の子供って、心の奥底に

僕(私)はもう子供じゃないんだ、大人なんだ!」といったような気持ちがあって

何か注意をされたり、指図されたりすると

なんでも素直に聞くわけにはいかないゾ!」ということになるんですよね。

ですので、こちら(パパ・ママ)のほうから

「まだまだ子どもなんだから!」と思っていても、“大人として、対等に”という気持ちをもって接してやるといいと思いますよ!(^^)!

この時期での“しつけ“ということで、忠告や指摘をするときは、「子供のあなたも1人の大人」という気持ちをもった言い方をすることで、

こどもは、「自分のことをわかっていてくれる」と感じて、

すぐになんでもかんでも反発してしまうようなフラストレーションは収まるんじゃないでしょうか( ^)o(^ )

中学生へのしつけ方、ワンポイントとは、

“大人として認めた言い方をする“ことです( ^)o(^ )

「いつまでも遊んでいないで勉強しなさいっ😠」と言うのでなく

「ケンちゃんは、もう自分で考えられる年齢だから、『勉強しなさい』なんて言わないけどわかってるわね!(^^)!」

「ゲームばかりしてちゃだめよっ😠」と言わないで

「ケンちゃんはもう大人の仲間入りしてるんだから、ゲームする時間は自分でちゃんと決めてね(^▽^)/」

「そんな汚い言葉使わないでっ😠」と叱るとき

「中学生になったらもう大人だから、そういう言葉使いは卒業しないとね( ^)o(^ )」

「どうしてそんな冷たい言い方するの!ダメじゃないの😠」

「ケンちゃんはもう大人だよ、言われた人の気持ちもわかってやれるよね( ^)o(^ )」

といった感じの言い方をして、

あなたはもう大人になったということ、ママもわかってるんだよ(^▽^)/

という気持ちを暗に表してやってはどうでしょうか!

そうしてるうちに、

子供は、あえて口には出さずとも、心の内には

「パパ・ママは、自分のことを、もう子ども扱いしないでいてくれてるんだな!」

「ならば、自分も親の言うことにちゃんと向き合わないといけないな!」

といった思いを抱くようになって

親の言うことを素直に聞き入れてくれるようになるのかなと思います(^▽^)/

ただ、子供に何か意見したり指摘するときだけ、

「もう大人なんだからね!」と言ってものを言うのではなく、

普段の生活の中で何か、

「おっ、こんなことするようになったんだな!(^^)!」とか、

「いつのまにか、こんな社会常識を身につけたんだな!(^^)!」といったような

褒めてやりたいことがあったときは

「あなたも随分成長して、オトナになったわね(^▽^)/」、

「中学生になったら、さすがに言うこと違うねぇ!(^^)!」などと言って

普段の会話の中で、

【中学生になって、大人に成長した】ことを認めてやることが大切だと思います!

「なにか指摘、忠告されるときばかり、大人なんだからと言われて何だよ😠」

と、反発を招かないように

普段から

“大人に成長して褒めるべきこと”は素直に言葉に出して言ってやることが大事なんだと思いますね(^▽^)/

今回は、中学生へのしつけ方、ワンポイント!についてお話しさせていただきました。

なにか少しでも参考にしていただけたら嬉しいです( ^)o(^ )

ここまでご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう👋


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする