☘夫が子育てに協力してくれない!どうしたら協力してくれるの?

今や、夫も“育児・子育て“をするのは当たりまえになって、夫は外で仕事、妻は家で家事・育児にこだわった思いをもつ人は少なくなりました。

ですが、夫の育児といってもなかなか難しい問題もあって、妻の不満も多いようです( ;∀;)

今回は、【夫の育児・子育て】について考えてみたいと思います!

“イクメン”という言葉も社会に浸透してはきましたが・・・・

積極的に“子育てをする男性”に対しての「イクメン」というワードが流行し始めてから10年近くになりますよね( ^)o(^ )

厚生労働省も、『イクメン・プロジェクト』を打ち出して

育児や家事の負担を夫婦で分かち合うことで、

女性の出産意欲や継続就業の促進にもつながるよう、育児休業制度などの充実をはかり、

男女ともに育休取得の希望の実現を目指しているようです。

“イクメン”という言葉が一般社会に浸透してきたことで、

古くから当たり前のような考えであった、“子育ては女性がするもの”という固定観念を持つ人は少なくなりました!

そして、父親が積極的に「子育てを手伝う」、「子育てに協力する」から、今や

「子育ては父親として当たり前」といった段階にきているようです( ^)o(^ )

“イクメン“として有名なつるの剛士さんは、「イクメン」と言われることに抵抗感をもっていて、

「イクメンとしてじゃなく、父親として育児、子育てをするのは当然のこと!」との思いをお持ちのようですよ(^▽^)/

しかし、その一方で、

夫である、男性の育児休暇取得率は5.14%と低く、「男性が仕事を休んで育児休暇を取る」会社環境になっていないのも現実のようで、

「うちの旦那は育児に協力的でない😠」

「旦那が育児を全くしなくてイライラする😠」

などと、多くのママさんは【子育てしない夫】に不満を抱くようになるんですよね( ;∀;)

私事ですが、このようなこといっぱいありました( ;∀;)

私が部屋のお掃除で忙しくしてるときに、ソファーでのんびりしているパパから
ゆうちゃん泣いてるよ、おむつ変えてほしいんじゃないの?」なんて言われたんです!

私は、「いま手が離せないの分かるでしょっ、おむつぐらい替えてよ😠」って叫びたい気持ちでした!

当時も、舌の娘を保育所に預けて、私も働きながら、家事と3人の子育てでたいへんな時期で

主人は、そういう事情をわかっているはずなのに

“育児”は、当然ママの私がやるべきものと、一方的に押し付けられて
どうして自分で替えてやろうとしないの!」と、ほんとにイライラしてきました

ママの立場からすると、“育児・子育て”を、

「育児休暇を取ってとまではいかなくても、休日や家にいるときぐらいは協力してよ😠」

ということなんですよね!

育児ワークってホントたくさんあるんですよね(´;ω;`)

ちなみに、私の場合ですと、

朝、学校・保育園へ行く3人の子を起こす
娘はまだ幼児なので、歯磨きをしてやる
娘の髪を結んでやる(年少のくせして、わりと結び方にもこだわりがあって大変なんです・・( ;∀;)
子供達向けの食事を用意して食べさせる
娘を保育園への送り、夕方迎えに行く
時にはお外へ散歩に連れ出す
絵本の読み聞かせをしてやる
上の2人のワル坊主の勉強を見る
学校からの連絡帳を確認し、その用意をする
幼児の娘のオシッコをさせる
お風呂に入れる
着替えを用意する、また娘にはしてやる
上2人の、野球のユニフォームの洗濯をする
下の子を寝かしつける・・・・等々

この他に、1日の主婦の仕事として

部屋の掃除・洗濯・お買い物などがあり、

ママの家事・育児の仕事は、毎日毎日エンドレスです!( ;∀;)

(しかも私、娘を保育園に送った後パート仕事をしてるんですヨ✊)

また、乳児を持つママですと、

1日何回となく授乳をする(ミルクを飲ませる)
おむつを替える
1日中目を離すことなく世話をする

などと、ママの育児はもっと大変になりますよね(´;ω;`)

夫にしてほしい「育児のお手伝い」と,夫が協力するための対応策は・・

育児は、パパにはちょっと無理かなということもいろいろあるので、

もちろんママが主体になってやるべきとは承知していても、

これくらいできるでしょ!」「どうしてこんなことやってくれないの!」というようなこともママ任せにされてしまうと、

ママの、“夫へのイライラ“が生じてしまうんですよね(´;ω;`)

育児ストレスをなくすために、

【夫にしてほしいこと】に対して、どう対応したらお互い協力しあって、望ましい育児ができるのかを考えてみましょう( ^)o(^ )

夫が子育てに協力してくれるための【対応策】

夫が一緒に手伝う気持ちがあっても、何をしていいか分からないこともあります!

どこの家庭の夫も、ママに比べると、どうやって子供の面倒をみればいいのか、何をすればいいのかはよくわからないものです(´;ω;`)

夫が手伝おうという気持ちがあるのに、

「そんな暇あるんだったら、○○してよ😠」なんて言われると、夫からすれば

「せっかく何か手伝ってやろうと思ったのに!」

「そんな言い方するのなら、ヤル気無くなってしまう!」との気持ちになって、喜んで育児のお手伝いはしなくなると思います!

ですので、

何をしたらいいか戸惑っているようなら

ちょっとおどけて、子供に言い聞かせるような口調で

パパ、いい子だから○○やってくれないかなぁ(^▽^)/」とか

パパ、○○してくれるとママ嬉しいんだけどなぁ(^▽^)/」と

やってほしいことを、ユーモラスに言うことも、

夫が素直にやってくれるための“攻略法“なのではないでしょうか( ^)o(^ )

夫が何か手伝ってくれても上手くできないときもあります!

夫は、子供とかかわる時間がママより少ないこともあって

夫が子どもの着替えとか、乳児食を食べさせる時など、

失敗したり、やり方がまずかったりすることもあります。

こんなときママからすると、歯がゆかったり、口出ししたい気持ちになるかもしれません!

「そんなことしちゃダメダメ!」、「なんでそんなふうにするの?」などと、妻からいちいちやり方を否定されたり、ダメ出しされると、

夫は、「ムッ😡」とした思いになって、楽しく子育てできなくなると思います!

そうならないように、夫が何かをして上手くできなかったとしても

あらあら、たいへん、パパがんばって( ^)o(^ )」とか

うまくできるコツがあるのよ、こうすればうまくできるから、ハイもう一度ガンバってね(^▽^)/」などと

お互いがイライラしないような雰囲気を作ってほしいと思います(^▽^)/

大抵の夫はおむつ替えは苦手で、積極的にはしてくれないものです!

わたしの夫もおむつ替えは、いつもイヤイヤながらやってましたけど

どちらの旦那たちも、“おむつ替え”はやりたがらないようですね(´;ω;`)

全くやってくれないのでは話になりませんが、

“おむつ替え”は基本、ママの領域との思いでもって、ママが主になってやることのほうが

夫婦間での子育てはうまくいくのではないかと思っています!

“おむつ替え”が苦手な夫なら

私がおむつ替えるから、パパわるいけどゴミだしてきてくれる( ^)o(^ )」と言って

夫にもほかのことをやってもらい、ママのイライラを軽減するのも良いことだと思います!

また、

おむつ替えはママが主役で、その代わりお風呂へ入れるのはパパが主役ね!」などと

あらかじめパパ・ママ間で、「役割分担協定」を話し合っておくのもいいと思いますよ(^▽^)/

子供と一緒に遊んでくれない夫には!

子供と一緒に遊んでやることだって大切な育児・子育てなのですが、あまり子供と遊んでやらない夫というのは、

もしかしたら、どうやって遊び相手になってやればいいのかが分からないかもしれません!

例えば、乳児の子供に対してなら

何でもいいから話しかけてやると、分けわからなくても笑い返してきて可愛いよ(^▽^)/

そのおもちゃ、一緒に遊んでやるとすごく喜ぶよ

乳児になら、

○○絵本、ゆうちゃんすごく興味あるみたいよ!読んであげるといいかもよ

小さいころ本を読んで聞かせることって、幼児教育にはとてもいいんだって( ^)o(^ )

というように、

子どもと遊んでくれるように誘導してやるのも、とても“イイ手“なんじゃないでしょうか(^▽^)/

子育ての大変さをわかってくれない夫には!

「育児・子育てはママがするべきもの」なんて思っているパパですと、

【育児・子育ての大変さ】は理解できていません(´;ω;`)

ママが家事・育児で忙しいときに、夫が何もしないで時間を持て余しているようなときには、

いや味をユーモラスな口調で

「パパ、テレビ鑑賞で“たいへんお忙しいところ“誠に申し訳ございませんが、ちょっと○○していただけませんか( ^)o(^ )」といって

遠慮なくママのお手伝いを言いつけることも、ある意味大事だと思います!

「子育てでやることいっぱいあって、あなたも忙しくて大変だけど、子供達のためにいっしょにがんばろうね!」と言って

毎日やらなきゃいけない【育児のおしごと】を書き上げて

お風呂へいれる・歯磨きをしてやる・○○・●●はパパがやってね

おむつ替え・娘のオシッコ・園への送り迎えは私がやるね」というように

あらかじめ、役割分担の主役を話し合っておくと、子育てがスムーズにいくかもしれませんね( ^)o(^ )

【育児に協力してくれない夫】に対してのまとめ

夫が育児にあまり積極的でないのには、

世の夫たちには、「育児・子育ては妻の仕事」という思いが根底にあり、

まだまだ妻;夫=「50;50」とまではいきません!

また、仕事を持っている夫に、余りにも大きな期待をすることだってできませんし、

ママにしかできそうもないこともあります!

ですので、

育児・子育てのやるべきことが多くてたいへんなときは、

ママは、一人で抱え込んでイライラしたり、

夫や子供にまであたって発散するなんてことのないように、

これこれは、できないからパパにお願いね」とはっきり言って

夫婦間でのお話合いで、お互い理解し合って

【最善の子育て】をしてほしいと思います( ^)o(^ )

今回は、
夫が子育てに協力してくれない!どうしたら協力してくれるの?についてお話しさせていただきました。

なにか参考にしていただけたら嬉しいです!(^^)!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう👋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする