☘1歳になった頃の親子のコミュニケーションは・・・?

1歳の誕生日を迎えるころは、いよいよ“あんよ”を始める基準の時期でもあるので

誕生日になるまえに歩いた( ^)o(^ )」とか、「もうすぐ1歳だから歩くのが楽しみ🎶」と 家族にとっては“期待と楽しみ”の時期なんですよね😊

1歳ころになると、「ママ」や「わんわん」など発音もはっきりしてきて、いろんなことをママに伝えようと「かたこと」で一生懸命語りかけてきます カワ(・∀・)イイ!!

💛お散歩、公園へのお出かけのなかでの親子の触れ合い

いろんなことに興味をもち、立ったりよちよちながらも歩くことができるようになると

初めての景色街中で出会うよその人音を立ててうごく電車、車ワンちゃんなど、目に入るものすべてが新鮮で、

自分で近づいたり、触ったりしたがって初めての体験が楽しくてしかたないときです。

ですので、お天気の良い日などには一緒に公園などへお出かけして
遊具に触って慣れさせたり、咲いてるお花に近づけたり、

きれいねぇ」、「かわいいね」「大きいねェ」などと、

言葉はわからなくても話しかけながら、いっしょにお外での親子のコミュニケーションを楽しむのも良いと思います!(^^)!

何か特別なものを見せてあげようとしたり、体験させたりしてあげようとしなくても

ちいちゃな子供って、その辺に落ちている木の葉、道端に咲いている何気ない草花、マンホールの絵、ちいちゃな虫さん、歩道柵の止め金など、

普段大人は気にしないようなものにも、いっぱい興味をもって喜んでくれるんですよね(^^♪

1歳になったこのころは、いろんな物、できごとに、

ママもいっしょに興味をもって「話しかけながら」感動してやることが、いちばんのコミュニケーションだと思います(^^♪

💛やりたがってることは何でもさせてあげましょう!(^^)!

手足の発達が進んでくると、指や腕を器用に動かせるようになって

ちょっと目を離したスキに大事な書類をやぶかれたり、鉛筆で突かれたりと
困ってしまうこともでてくる頃ですが

クレヨンで色がつけられたり、穴をあけられるってことは子供にとっては楽しくて仕方がない事なんですよね‼

こんな時は、「成長してきた証、いっしょに遊ぶチャンス!(^^)!」とおもって

新聞紙、白い紙などを用意してやって
おもしろいね~」「きれいだねェ」「ママといっしょにやろっ」などと声をかけて
一緒に楽しく遊ぶのもいいんではないでしょうか😊

でも、ひとりで真剣に描いたり、紙をちぎったりしてるときなど、

仲間に入っていこうとしないで、思いのまま好きなようにやらせておくことも大切なことでもあるんですよね‼

💛子供が発してくるサインを感じ取って“親子の絆”を深めましょう

まだ言葉を話すことがまだできないので、ママのほうを見ながら

マンマ、マンマ」「あーあー」という声を発しながら、目にとまるおもちゃを“手に取ってあそびたい”と訴えたり

テーブルの向こうにあるお菓子を指さして“あれ食べたい”のサインを送ったりします。

こんなときには、ママは忙しくてもちょっと手を休めて、“なにを言いたいのかな”を察して「はいどうぞ♪」などとちゃんと応えてあげてほしいと思います‼

今回は1歳になった頃の“親子のコミュニケーション”についてでした。

何か少しでも参考にしていただけたらうれしいです!(^^)!
ここまでご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう👋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする