☘生後5ケ月~6ケ月ころの成長に応じた“知育“について・・!

乳児期の“知育”について、今回は生後5ケ月~6ケ月ころの赤ちゃんの成長と

その時期に合った“知育あそび”は、どのように進めたらいいのかについて

お話ししてみたいと思います( ^)o(^ )

💛生後5ケ月、6ヶ月赤ころのちゃんの成長の様子や特徴は・・

生後5ケ月頃になると、首もしっかりすわり

寝返りをしようと、コロコロと動き出して、

6ケ月頃には殆どの赤ちゃんは寝がえりができるようになります

そのため、自分で動いたり、手を伸ばして何でも口に入れようとしますので目を離せない時期に入っていきますね!

喃語で語りかけてくることが多くなり、

ママ・パパが赤ちゃんの声の真似をすると、

その声を聞いて、赤ちゃんはさらに声を返してきます!(^^)!

人見知りが始まる赤ちゃんもいて、久しぶりのお知り合いや初めての人を見て泣いてしまうこともあります。これは顔の見分けがつくようになった証拠なんですね(^O^)

💛生後5ケ月、6ケ月ころの成長に合わせた知育(あそび)は・・

前述させていただいた、この頃の赤ちゃんの成長に応じた“あそび“を一緒に楽しんで

身体や知能の成長を促してやってくださいね!(^^)!

🌸喃語で赤ちゃんと「会話ごっこ」をする(^^♪

クーイングといわれる、「アー」「ウー」というまだ言葉にならない声だけから、

「アーアー」「ウーウー」「まむまむ」など

いろんな多音節の喃語で語りかけてくるようなりますよ(^▽^)/

赤ちゃんと目を合わせて、赤ちゃんの声に反応していっぱい“会話”をしてあげてください

こうして喃語を発することにより、口・声帯・喉などの使い方を習得しながら、言葉を話す練習をしていくんですね!

だんだん成長していくにつれて、

母音だけの喃語から、「ばあばあ」「ばぶばぶ」など子音で声を出すようになり

喃語のバリエーションが増えて、たまらなく可愛くなりますよ( ^)o(^ )

🌸物を見せながら、“なまえ”を教えてやる!

生後5,6ケ月の赤ちゃんに、

「これはリンゴよ!」と言ったところで、もちろんすぐ覚えたり理解することはありません!

ですが、赤ちゃんは見たり言葉を聞いたりすることを、無意識のうちに脳内に記憶する能力を持っているそうです!

そして、いろんな物を見たり聞いた言葉をどんどん脳に記憶しているんですね(@_@)

ですので、赤ちゃんに寄り添いながら

「これはな~に?」と、小さいぬいぐるみを見せながら注意をひいて

「わんわんよ~♪」、「クマさんよ!」などと言ってやったり

「これはり・ん・ご・(^^♪」、「ミカンよ~」と興味をもたせて話してやるといいと思いますよ( ^)o(^ )

すると、「あ~う~」「まむまむ」と喃語で応えてくれますよ!(^^)!

🌸「おもちゃはど~っちだ?」あそびは脳を鍛えてくれます(^▽^)/

手に握られる小さいおもちゃなどを、片方の手にみせて、

両方の手を握って隠し、「おもちゃはどっちかな~?」と聞いて当てさせる、

この頃のあそびの定番、「ど~っちだ?」あそび!(^^)!

この遊びは、ワーキングメモリーといって

短い間だけ覚えておく記憶力を鍛えるのにとてもいいんだそうですよ(^▽^)/

🌸ノーゴー反応(行動)を教えてあげましょう!

ノーゴー行動を教えるとは、

赤ちゃんが何かをしているを止めるように、また行動を起こさないように教える知育のことなんですね!

知育というと、何かをするよう促すことが多いと思いますが、反対に

赤ちゃんが思いとどまって“行動しない”よう教えるのがノーゴー反応なんですね!

例えば、赤ちゃんが危険なものを口にしようとした時「これはダメッ」とそっと赤ちゃんの手を押さえてやったり

おむつ替えをするときに、

あんよをバタバタしたり、身体をよじったりしたときに

「ダメッ!」と言って手や足を押さえてやって、動いちゃいけないことを教えていくんですね!

そしてそのあと大切なことは、

いい子にしてくれたら、「いいこだね~♪」と笑いかけて、身体を触りながらいっぱい褒めてやることです( ^)o(^ )

🌸“仕掛け絵本“は好奇心を育んでくれます( ^)o(^ )

生後3か月~4か月ころの知育あそびとして前述させていただいた布絵本は、

引き続き、絵柄や色を楽しむのにいい遊びアイテムですね

特にがついていたり、音楽の出る“仕掛け絵本は、

赤ちゃんの興味・好奇心を育ててくれると思いますよ(^▽^)/

こんな仕掛け絵本もありますよ

↓↓(画像をクリックしてみてください)

ノーマルな紙の絵本は、まだ興味を示してくれることはあまりないかもしれませんが、

絵本を読み聞かせすることは、

親子の絆を育むのによいコミュニケーション手段ですので、

反応が鈍くても、この時期から読んであげることはいいんじゃないかと思います(^▽^)/

🌸オーボール、チャイムボールは自分でも遊べていいですよ

生後6ケ月頃になった赤ちゃんは、寝がえりや、寝がえり返りをして動くようになるので

オーボール、チャイムボールで楽しく遊んでくれるようになりますよ!(^^)!

やさしい音や、きれいな色のボールに興味をもって、追視の練習にもなるので

1個、2個は欲しいおもちゃの一つですね!(^^)!

こんなのもいいんじゃないでしょうか(^▽^)/

画像をクリックしてみてください

↓ ↓ ↓

今回は、
生後5ケ月~6ケ月ころの成長に応じた“知育“についてお話しさせていただきました。

なにか参考にしていただけたら嬉しいです!(^^)!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう👋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする