☘1歳半ころの親子のコミュニケーション

今回は1歳半になった頃の親子のコミュニケーションについてです

1歳半ころになるとほとんどの子供は歩けるようになって、

よちよち歩きから転びそうながらも小走りできる子もいます‼

自由に手足を動かせるようになると、自分でやりたいという気持ちが一層強くなって、

ボールを転がしたりブロックなどを積んでは崩したり、白い紙にクレヨンでグルグル書きを楽しんでやったりと、

どんどんと“わが子のうれしい成長”を感じられる時期になってきます( ^)o(^ )

そして自己主張がはっきりしてきて、

何かするのを拒んだり、“やんちゃ”を連発したり、

大人のように“すねる”しぐさをしたりと

感情が豊かになって想像力も増してくるこの頃の子供には、

どうコミュニケーショを取っていけばいいのでしょうか・・・⁉

💛生活習慣を身につけていく中で、“親子のコミュニケーション”をとりましょう・・

この頃からそろそろ、着替え、お片付け、歯みがき、手洗いなど

生活習慣も身につかせていきながら、やんわり教えていくなかで“親子の絆”を深めていくとよいでしょう😊

着替えをしてやる時には、

まだ言葉は理解してくれなくとも、「ハイ、脱ぎ脱ぎしようね」、

ハイこんどはこっちのあんよね」、「ほら、お手てがでてきた~♪」、

じょうず、じょうず」などとママの優しい笑顔をそえて

“惜しみなくことばをかけながら”やると

子供も楽しんでやり早くおぼえてくれて自然に“絆”も深まってくるでしょう(^^♪

ママは色々とすることだらけで忙しいあまりに、

言葉もかけず、むりやりせわしい動作で、

ママの仕事だから仕方ないなんていう思いではやらないでくださいね( ^)o(^ )

片付け、歯みがき、手洗いなどをするときは、

まずママやパパがお手本をみせてやりましょうね。

もちろんこんな時も、
いい子ね、おかたずけしようね」「いい子ね、ほらあ~んしようね

ハイ、きれいきれいしましょうね」と

やさしくママの笑顔を見せながらいっしょにすると、

子供も楽しんでやって良い習慣が早く身に付き、

それが“良いコミュニケーション”にもなると思います!(^^)!

このころはまだ歯みがきはうまくできないので、ママが仕上げお願いしますね

💛ママ・パパと一緒にするお遊びは“最高のコミュニケーション”

自由に体を動かすことができるようになって、

ママやパパと同じことができるようになると、子供はうれしくなっていろんなことを真似しようとしてきます‼

そういうことが、“生活習慣をしぜんに身につける”だったり、

“親子の絆の向上”にとって大チャンスです!(^^)!

ママやパパと同じことをしようとするので、

いっしょににお遊びをするなかで

絵本を読んであげておわったら、本棚へいっしょにもっていく、
お外から遊んで帰ってきたら、お靴をいっしょにそろえる
ボール転がし遊びがすんだら、もとの箱へいっしょに入れる
お散歩とちゅうでよその子に会えば、「こんにちは」などと声をかける
ままごとグッズで一緒にお店屋さんごっこして、「ありがとう」とお礼を言う
などなど、

わが子と一緒にするお遊びは、良い習慣をおぼえていく良い機会であり
また、“良いコミュニケーションを培う場”でもあるんですよね😊

なにかと忙しいなかですけど、

少しでも子供といっしょにに遊ぶ時間をつくっていってほしいと思います(^^♪

今回は1歳半になった頃の“親子のコミュニケーション”についてでした。

何か少しでも参考にしていただけたらうれしいです!(^^)!
ここまでご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう👋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする