☘生後7か月、8か月ころの成長に合わせた“あそび“、“知育”について・・!

生後7か月、8か月ころになると、

ママがちょっと目を離したすきに、寝返りして思わぬ場所に移動することもあるため

いつも注意を注いでいたりして、育児疲れがたまる時期でもあり、

好奇心も旺盛になって、いろんなことをしようとする仕草は、また

可愛さが増してくる時期なんですよね(^▽^)/

今回は、こんな生後7か月、8か月ころの成長に合わせた“あそび“、“知育”についてお話しさせていただこうと思います( ^)o(^ )

💛生後7か月、8か月ころの成長の様子は・・

お座りの体勢にしてやると、多くの赤ちゃんはバランスを取りながら安定した“おすわり”ができるようになります。

“おすわり”できることで、自由になる両手で遊ぶことができるようになり、遊びのバリエーションも増えてきます( ^)o(^ )

また、両面寝返りができるようになる子も多くなり、ずりばいハイハイを始める子もいて
あっという間に移動して、

ちょっと目を離したすきに思わぬところへ行ってしまうなんてことも・・(*_*;

この頃の心や知能の発達の様子は、

記憶力や認識力も一段と高くなってくるので、いつも一緒にいるママをより強く認識できるようになります。

そのため、人見知りをするようになり、

はやい子は、ママが離れると泣き出したりすることもあります( ;∀;)

こうなると、ママとしてはちょっと困るかもしれませんが、

赤ちゃんの“知能が発達してきた証“でもあるので喜ばしいことでもあるんですよね(^▽^)/

また、好奇心もどんどん発達し、何にでも近づいたり触ったりしようとしますし

自分で物を叩いて音を出し、ひとりで遊んだりもしてくれるようになります🎵

感受性も育ってきてよく笑ったり、ちょっとしたことで泣いたりすることが多くなるのもこのころですね( ^)o(^ )

💛生後7か月、8か月ころの成長に合わせた知育(あそび)のご提案です!

いままでより体の動きがグッと活発になり、新しくいろんなことができるようになって

知能も、目に見えるくらいに発達していくこの頃に合った知育(あそび)をご紹介させていただきますね( ^)o(^ )

🌸体を動かす遊びで、バランス感覚を養ったり、体を鍛えてあげましょう

この頃は身体を動かすことが大好きなので、昼間に活発に運動させて夜ちゃんと寝させるようにすると、

生活のリズムが整ってきて、“夜泣き“の対策にもなるのでいいと思いますよ(^▽^)/

ママの「太もも滑り台」で、“お滑りあそび“
ママは膝を立ててすわり、赤ちゃんの脇を支えて対面のかたちで膝の上にのせ、ママの太ももを滑らせるお滑りあそびです(^^♪

「高い高い高い~、おっとっと~」あそび!
かわいい赤ちゃんを抱きあげると、思わずやりたくなりますよね!(^^)!
あまり高く上げすぎないように、あまり強く揺さぶらないよう注意にしましょう!

「こっちおいで~」、「まて、まて~」あそび!
まだ「ずりばい」段階の赤ちゃんには、
ママの両手を差し出して「こっちまでおいで~♪」と呼び寄せたり
「はいはい」を始めたら
ママも同じはいはいの態勢になって「まて、まて~♪」と追いかけてやると喜びますよ♪

「ビリビリ~」と紙やぶりあそび!
全ての赤ちゃんが絶対やりたがる、“紙ビリビリあそび”は、
赤ちゃんにしてみればとても“楽しいお遊び“なんですよね♪
指の運動にもなるでしょうし、一人遊びには“もってこいのあそび”ですよ(^▽^)/
いらない広告紙などはカラフルでとてもよいです、
「散らかるからイヤ」なんていわないで、楽しませてあげてください( ^)o(^ )
(口に入れないよう、目を離さないでくださいね!)

🌸積み木あそび手先を使う訓練になりますよ!

生後7か月ころはまだ積み木を積んで遊ぶことはできませんが、

手ごろな大きさの積み木は、掴んだり、振ったり、

「ちょうだい😊」、「はいどうぞ😊」と、

いっしょに受け渡したりして遊ぶのにいいですね(^▽^)/

そして、ママやパパが積み木を積んで見せてあげると、マネをして積もうとするようになって

そのうちに一人で積んで遊ぶようになりますよ😊

🌸5か月、6か月頃に続いて、ノーゴー反応(行動)を教えてあげましょう!

ノーゴー行動を教えることは、

赤ちゃんが何かいけないことをしている時に、行動を起こさないように教える知育なので、大きくなっても大変大事なことです!

知育というと、何かをするよう促すことが多いと思いますが、

反対に、赤ちゃんが思いとどまって“行動しない”よう教えるのがノーゴー反応なんですね!

例えば、赤ちゃんが危険なものを口にしようとした時に「これはダメッ」とそっと赤ちゃんの手を押さえてやったり

おむつ替えをするときに、あんよをバタバタしたり、身体をよじったりしたら

「ダメッ!」と言って手や足を押さえてやって、動いちゃいけないことを教えていくんですね!

そしてそのあと大切なことは、

いい子にしてくれたら、「いいこだね~♪」と笑いかけて、身体を触りながらいっぱい褒めてやることです( ^)o(^ )

🌸玩具を買って与えるのもいいですが、本物のリモコン、スマホなどは“絶好のおもちゃ“なんですね( ^)o(^ )

赤ちゃんって、ママやパパのすることをよく見ているんですよね!

そして、大きくなるにつれてママやパパと同じことをしようとして

ママがいつも触っている、本物のリモコンスマートフォン・パソコンなどに強い興味を示してきます(^▽^)/

使っていないスマホやリモコンがあれば、渡してあげると喜んで遊んでくれると思います(^▽^)/・・(きれいにして与えてやってくださいね♪)

その他、台所にある、おたま、プラのボウルなど危なくないものや

お兄ちゃんが使わなくなったゲーム機、

ティッシュの空き箱、ふたを外したペットボトル空のポーチ、丸形の鏡など

ママにはもちろん興味ないでしょうが、赤ちゃんには楽しいおもちゃになるんですよ😊

🌸この頃は、“しかけつき布絵本“も喜んでくれますよ

布絵本には、ただ単純な絵をあしらったものから、

ひっぱったり、くっついたり、音の出るものなど、いろんな“しかけ”が施してあるものまで

たくさんのバリエーションがあります!

生後7、8か月になると脳も発達してきて

自分でいろんなことができるようになるので、

遊びのレベルを少しアップできる布絵本をもたせてやると、楽しんでくれますし

ママが手を離せない時などには、とてもよいアイテムだと思いますよ(^▽^)/

例えば、レビューも好評なこんな布絵本もありますよ😊

↓ ↓ ↓(画像をクリックしてみてください)


今回は、
生後7、8ケ月ころの成長に応じた“知育“についてお話しさせていただきました。

なにか参考にしていただけたら嬉しいです!(^^)!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう👋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする