☘生後1か月間の“親子コミュニケーション“は・・・?

生後1か月間の親子のコミュニケーションは・・?

赤ちゃんは、生まれてすぐのころは反応が伝わってきませんが、
実はちゃんと聞いているんですよね😊
そして、だんだんと真似をして声を出したり、笑ったりするようになりますよ!(^^)!

今回は、
生まれてから1か月間の
“親子のコミュニケーション”についてです。
(^^♪

💛 親子とも「初めまして・・長いおつきあいよろしくネ(^^♪ 」

この時期は
優しい声かけと、ソフトなふれあいを‼

 自然に触りたくなる、言葉では言い表せない
かわいい赤ちゃんの顔にやさしく触れて
指でやさしくリズミカルにあちこちタッチしあげましょう

 ママは感じにくいですが、
生後すぐでも、赤ちゃんの耳はよく聞こえているんですよね。
目と目を合わせて、やさしく話しかけてみてください。
ママ・パパの自然に出てくる声が大好きになりますヨ(^^♪

 赤ちゃんは、ママ・パパの笑顔から
愛情や安心感を感じとっていきます。
ほほをツンツンするにも、やさしく語りかけるにも
ママ・パパの自然いっぱいの笑顔
赤ちゃんにとっては“最高”です‼

 やさしい音色が好きで受け入れやすいころです🎶
抱っこに慣れないうちは、不安で緊張すると思いますが
横抱きで、やさしく腕の力を抜いて包むように抱っこすると
赤ちゃんは 心地よさを感じて気持ちも落ち着きますよ(^^♪

自分が左右にゆっくり揺れる感じでだっこして
穏やかな歌を、優しい声で聴かせてあげると
赤ちゃんは心地よいみたいですよ

🍀気を付けてほしいこと
強く揺らしたり、大きく揺り動かさないでくださいね。
首はちゃんとしっかり支えていてください。
当たり前ですが、大きな声や突然の激しい音にはきをつけてくださいね‼
寝ているときは、顔の近くにタオルやその他
口や鼻をふさぐものは置かないようにしてくださいね‼

乳児期は特に
ママ・パパの優しい気持ちがそのまま赤ちゃんに伝わっていきます😊
ですので、
ママ・パパもゆったりとした気持ちで
愛情・幸せを感じながら赤ちゃんに接していくと
赤ちゃんもそれを感じ取って成長していきます(^^♪

今回は、
“生後1か月間の親子のコミュニケーション”についてでした。
何か少しでも参考にしていただけたらうれしいです!(^^)!

ここまでご覧いただきありがとうございました。
またお会いしましょう✌

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする