☘生後4~5ヶ月頃のコミュニケーションは・・・?

・・生後4、5ヶ月頃の親子のコミュニケーションは・・

生後4、5ヶ月頃には
赤ちゃんの喜怒哀楽をだんだんはっきりと感じとれるようになり
体全体がしっかりしてきます!(^^)!

この時期になったら、
五感への刺激を楽しむような遊びを一緒にやり
親子のコミュニケーションをさらに深めていくと
豊かな感覚が養われていきますよ😊

💛 見たり、聞いたり、触ったり、感覚遊びを一緒に楽しみましょう

身近にある、いろんな形のもの、音の出るもの、柔らかいもの
硬いものなどで十分赤ちゃんは喜びます( ^)o(^ )

ちっちゃなお菓子の箱や、スプーンなどを触らせたり
レジ袋を丸めて、カシャカシャと音を聞かせたり
いろんな方法で遊んでみてください。
興味津々の眼差しで楽しんでくれますよ🎶

この頃になると、
見るもの、聞くこと、触れるものにたいして
すぐに興味を感じて、
かわいい反応を見せてくれます♪

音の出るにぎにぎや、ガラガラなど
興味を示すおもちゃを持たせると
赤ちゃんが自分で遊んでくれますよ!(^^)!

💛 パパ、ママのおひざで上下したり、揺らしたり・・

4,5か月になると赤ちゃんの身体もしっかりしてくるので
両脇を抱えておひざに乗せ、
軽く上下に動かしたり、やさしくシーソー遊びをして
親子の触れ合いを楽しんでください(^^♪

ますます赤ちゃんと、パパ、ママの信頼感が生まれますよ😊

💛 顔のくっつけっこでの触れ合いは、とても喜んでくれます

お鼻やおでこをくっつけ合って、
「お鼻ツンツン」「おでこコンコン」などと声をかけながら
遊んでやると、喜んで笑ってくれるようになります😊
この時期に笑うのは、
パパ、ママへの微笑み返しの“笑い”ですので
このコミュニケーションは大切にしたいですよね!(^^)!

💛 時にはベビーカーで一緒にお散歩を・・・

体つきがしっかりしてきたこの時期には、
陽気のいい日にはベビーカーでお散歩に出るのもとてもいいことです🎶

そして、ときにはベビーカーから降ろして、
公園の遊具や、木々草花などいろんなものに触らせてあげて
ママと一緒に新鮮な感覚を体験することで
親子のコミュニケーションはより深まっていくと思いますよ( ^)o(^ )

今回は、
“生後4、5ヶ月頃の親子のコミュニケーション”についてでした。
何か少しでも参考にしていただけたらうれしいです!(^^)!

ここまでご覧いただきありがとうございました。
またお会いしましょう✌

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする