🍀「鼻血が出てきたっ(@_@)」、どうしたらいいんだろう?

「鼻血が出てきたっ(@_@)」

鼻血って、なかなかすぐには止まらないことがよくあるんですよね😢

たいていの場合は、あまり心配することもないようですが、

とっさの時、どうしたら良いのか、

鼻血が出る≪原因≫と、≪正しい処置≫はお知りになっておいてほしいと思います!

子どもの場合の多くの鼻血の原因は、

鼻炎や湿疹、

鼻をいじってできた傷や、打撲などでの外傷

夏場の“のぼせ“などであり、

これらは、鼻の粘膜が弱くなって傷つき、この細く小さな血管が破れて起こるものです。

この場合での応急処置としては、

ポイント~その1
≪慌てない≫

大人でも血を見ればビックリしますし、子供だとなおさらです!

驚いて慌てると血圧が上がるため、余計に血が止まりにくくなってしまいます。

子どもが泣いているようであれば、「だいじょうぶよ、すぐとまるからね😊」などと言葉をかけてやって安心させましょう!(^^)!

大人でもドキドキして内心不安になるかもしれませんが、まづは焦らずに落ち着きましょう。

ポイント~その2
≪鼻をしっかり押さえる≫

基本的な処置としては、

ティッシュなど鼻には詰めずに、親指と人さし指で小鼻(鼻の柔らかい部分)を5分間ほどしっかりとつまんで押さえてください。

このとき顔は上に向けず、やや下向きにしましょう。(上を向いてしまうと鼻血が鼻の中にたまらないのでなかなか止まりません。そればかりか、喉に流れ込んだ血を飲み込んで吐き気をもよおします)

もしティッシュなどを詰めたときはゆっくりと交換します。

<私はこれまで、鼻血の出たときは上を向いてティッシュをつめこんで止めていました(´;ω;`)が、ほとんどの専門医の方の見解は、上記の通りでした!>

ポイント~その3

≪座った姿勢で安静にする≫

しっかり鼻をつまんで押さえているあいだは横にならずに、座った体勢でいましょう。

横になると血液が喉に落ちて気持ちが悪くなってしまいます。

また、その際に咳こんで血液を見て驚いてしまうと血圧が上がり、出血が止まりにくくなるので注意しましょう。

注意すべき鼻血の症状には

 洗面器いっぱいほどの量が出る
 30分以上止まらない
 すぐに止まるが、数時間後や数日後に何度も繰り返し出血する

などがあげられます!

このような場合には、

動脈からの出血の可能性があったり、

全身的な問題や、鼻の中にできもの(良性や悪性の腫瘍)ができている可能性があるため、

専門的な処置を必要としますので、耳鼻咽喉科医の診察を受けるのがよいでしょう!

(社会福祉法人・済生会新潟第二病院、耳鼻咽喉科部長の執筆記事を参照させていただきました)

今回のお話は、
「鼻血が出てきたっ(@_@)」、どうしたらいいんだろう⁉でした。

なにか参考にしていただけたら嬉しいです!(^^)!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう👋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする