🍀“子どもの自主性を育てる“、そのために大切なこととは・・?

子どもが、物事を自分自身で考え、自らの意思で何でもできる、

そういった【自主性】を身につけることは、

大人になってからもとても大切なことですよね!

子どもが、“自主性”を養っていくうえで、

親として、どういうふうに向き合えばいいのかを

今回は、主に幼児期の子供にフォーカスして考えてみたいと思います!

💛「〇〇が出来たね!」「〇〇が出来るようになったね!」は、自主性を高める“魔法の言葉”

  

子どもが、何か新しいことができたときや、

何かを得意がって、「ママ、すごいでしょ♪」などと自慢しているときに

こんな時、思わず「すごいね!」と言っているママも多いのでは…?

この「すごいね!」は、子供に同調して褒めてやっている言葉なんですよね!

もちろん褒めてやることは、またやる気を起こさせるために大切なことです。

でも、もう少し踏み込んで、

「〇〇出来たんだね!」「〇〇が出来るようになったね!」と言ってやると

「今まで出来なかったことができた」ことを強調して言葉をかけてやることで

子どもは、「自分の力で、むずかしいことができたんだ😊」

自分でできた喜びをいっそう強く感じて、

また自分でやってみようという気持ちにつながるんですよね!(^^)!

💛ママが選ぶのでなく、子供に選ばせる機会をいっぱい用意してやって!(^^)!

子どもは、1歳半ころになると、

自分自身で「こうしたい!」という気持ちを持つようになり、だんだんと親のいうことをきいてくれなくなるんですよね。

このように、自分の意思を持って行動し始めたところで、

何かを選択するような場面で、

ママが選んで子どもに与えるのではなく、子どもに自分で選んで決めさせるようなことをしてあげるといいですよ、ということなんです!

例えば、お出かけの時の帽子や靴、ジュースのカップ、絵本など

「ゆうちゃんは、どっちがいい?」と言って子供に決めてもらうんです!

すると、子どもって、ちゃんと自分の好みを伝えてくれますよ!(^^)!

何でも他人が言うままに従っているばかりではなく、

「自分の好きなものをちゃんと言える」ことも時にはとても大事なことで

そういうことが、子供の“自主性”を育てていくのではないでしょうか!

💛何かができないと、泣いたり困ってるときは、「いっしょに考えてみようか♪」と言ってやる!(^^)!

子どもが一生懸命何かをやろうとしても、うまくいかなくて泣いたり困ったりしている時、

「そういう時はこうするといいよ。」と思わずスグに手助けしてやりたい気持ちはよくわかります!(^^)!

でもそれって、ただママの言ったとおりにやっただけで、

子ども自身が自分で問題を解決しているわけではないんですよね( ;∀;)

いつもいつもこういった向き合い方をしてると、

こどもはいつまでもママを頼ってしまい、自分で考えてやろうという気持ちが養われて行かないと思います。

そして、“自分からやろうとしない“

“面倒なことはやらない“

“なんでも誰かに頼ってしまう“、こんなふうに育ってしまうかもしれませんよね( ;∀;)

ですので、こどもがなかなかうまくできずに悩んでいるときなどには、

まず、声掛けとしては

「どうしたいと思ってるの?」

「そうか、〇〇をしたいけどうまくできないのか♪」

「それじゃ、どうしたらうまくできるか、ママと一緒に考えてみようか(^^♪」

「こうしたらいいかな?それとも、○○したらいいのかな?」

「けんちゃんはどちらがいいと思う?、良いと思うほうでやってみようか♪」

「それじゃ、こうしてみたらいいかもよ!」、

などと言葉をかけてやってはどうでしょう!(^^)!

一緒に考えてやって、子供自身にトライさせるように導いてやって

子どもが、自分で考えてやった、うまくいった、ヤッター⤴」という“喜びの気持ちをもつことによって、

大きくなって仲間たちとの間や、社会のなかにいても

壁にぶつかって悩んだりするとき、投げやりにはせずに、「じゃぁ次はこうしてやってみよう♪」と自主的に考えるようになるのではないかと思います✌

💛子どもの自主性を育てる“まとめ“

幼児期の子どもって、とにかく何にでも好奇心をもち

ときにはママが「そんなことやめてっ!」などと思うようなことを、所かまわず“やりたい放題”といった感じがしますが、

子どもを信頼し、やる力を信じて見守るってやったらどうでしょう!(^^)!

多少心配なことでも、ときには押さえつけずに、子どものやりたい」「好き」を大切にしてやってほしいと思います!(^^)!

子どもは信頼されると自信をつけながら、自分の力をどんどん発揮し伸ばしていくんだと思います!

子どもを信じることができると、子どもの中で、【更に頑張れる力】、【自主性】が養われていくのではないでしょうか😊

今回のお話は、
“子どもの自主性を育てる“、そのために大切なこととは・・? でした。

なにか参考にしていただけたら嬉しいです!(^^)!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう👋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする