☘生後8~9ヶ月頃の親子のコミュニケーションは・・・?

・・生後8,9か月頃の親子のコミュニケーションは・・

生後8~9ヶ月頃になると、お座りが安定してきて、

後ろに振り向いても倒れなくなります。

腹ばいでのズリズリ、ばたばたの動きから、

おなかを持ち上げて両手両ひざを床につけて、ハイハイをする赤ちゃんも多くなります。

💛赤ちゃんに合わせて一緒に遊びましょう

ハイハイでの行動範囲が広がってくると、

視野に入る気になるものがあれば、移動しては触ってみる、

なめてみるなど、自由に行動できるのが楽しくてたまらないようです😊

この頃になって指も器用になると、

おもちゃをつかんで振ってみたり、ひっぱったり寄せたり、

ティッシュを箱から引っ張り出したりで、

ママとしてはチョット困ってしまう( ;∀;)ものの

“我が子の成長を一段と感じる喜びの瞬間”でもあるんですよね!(^^)!

ママが赤ちゃんと同じ動きをしてやると、ほんとに嬉しそうに喜んでくれるんですよね!(^^)!

なので、赤ちゃんのやることに同じように合わせて、一緒におもちゃを振ったり、軽くたたいたりして遊んでやると、親子の絆はまたまた深まっていくと思いますよ(^^♪

この時期の遊びのポイントとしては

あき箱などをたたいて音をだしてやる、ボールを転がす、

小さいタオルを投げる、手をとって一緒に歌いながら動かす 、

本などを使ってかくれんぼなど、一緒に楽しむようにするといいと思いますよ!(^^)!

またそうして一緒に遊ぶときは、いつもやさしく、

「ポンポンするよ」「ほらいくよ~」「らんらんらん」

「いないよいないよバー~」などと声をかけてやるといっそう喜んでくれますよ😊

💛いっしょに動き回る遊びは“絆”も深まり、身体の発達にとてもいいです

お座りやハイハイなど,この頃はどんどん身体が発達してきますので、

からだを動かしながら遊んでやると、

一緒にコミュニケーションがとれて良いと思いますよ‼

ちょっとした“かくれんぼ”

ちょっとだけ離れたソファー等に少し隠れて「みぃ~ちゃん」などと名前を呼んだり

「ママ、ど~こだ?」などと声をかけてやると

興味をもってハイハイして近づいてきますよ!(^^)!

わざと見せながら、おもちゃにタオルなどをかぶせて

「あれ、なくなちゃった‼」などと声をかけてやると、

ニコニコしながら隠れたものを探しにはってきて、とても可愛いもんですよ!(^^)!

こっちだよ~おいでおいで

ママも赤ちゃんのようにハイハイしながら、

「こっちだよ~おいで~」なと誘ってあげたり

喜びそうなぬいぐるみを動かしながら

少し離してハイハイを誘ってやるのもいいと思いますよ(^^♪

ボール落っことし遊び

柔らかいきれいなボールを落っことしてやると、

はねたり、転がったりするものだから、

赤ちゃんは動きまわるボールを追いかけて

ハイハイして取りに行こうとすごく楽しんでくれますよ(^^♪

このように生後8~9ヶ月頃には、“動きを取り入れたお遊び“

いっしょにコミュニケーションを取っていくと良いと思いますよ😊

今回は、
“生後8、9ヶ月頃の親子のコミュニケーション”についてでした。

何か少しでも参考にしていただけたらうれしいです!(^^)!

ここまでご覧いただきありがとうございました。
またお会いしましょう👋

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする