🍀「子供が勉強をしないっ!」どうしたらいいの(´;ω;`)…?

「勉強しなさいと言っても聞いてくれない(´;ω;`)」とお悩みのママもけっこういらっしゃるんじゃないでしょうか。

実は私も今、“大きな悩み”の1つになっています( ;∀;)

今回は「子どもが勉強しないときは、こうしてみたら(^▽^)/」をテーマに

育児書を読んで共感したことや、ママ友達からのアドバイスに私の経験などをブレンドしてお話ししたいと思います!

“どうして勉強しないんだろう“……その理由は?

なぜ子どもは勉強しようとしないのか? その理由は、その子それぞれの性格や育っている環境などによっていろいろあるでしょうが、大きく分けて以下の6つがあるそうです。

(1)勉強より好きな遊びを優先する!

勉強がイヤなわけでなく、友達と遊びたい、ゲームをしたい、テレビを見たいなど

子供にとっては、おもしろい、楽しい、やりたいことがいっぱいあって勉強を後回しにする。

(2)「べつに勉強しなくたっていいんじゃない!」と必要性を感じていない!

子供の年齢、養われた自覚によっても違いますが、

将来役立たせるため、テストでよい点を目指すため、高校・大学の受験のために、など

「勉強しなければいけない」とあまり思っていない!

(3)勉強が難しくて、ヤル気になれない!

勉強を「やらない」のではなくて

教科書の内容が理解できない、問題が解けない、授業が難しくて「できない」ケースです!

(4)計画を立てて勉強することができない!

勉強を“やりたくない“、“できない“のではなくて、

夏休みなどの長期の休みや、土・日休み、連休などの場合、

まだ小学生ころですと特にですが、

「これだけ宿題があるから、いつまでにこれだけやろう」というように「ちゃんと計画を立てて勉強しよう」という思考ができなくて、いつのまにか期日がきてしまう!

(5)勉強をする集中力が続かない!

「勉強しよう」と机に向かってやる気になっても、「眠たくなってしまう」「まわりの声、音が気になってしまう」などで集中できず、勉強が進まない!

(6)「勉強は楽しくない」というイメージを持っている!

家庭でも、学校でも毎日、「勉強しなさい、勉強しなさい」と言われて

「勉強って強制されて、いやなこと」、というイメージをもっていて、なかなか勉強しようとしない。

以上のように、子どもが勉強しない訳には、さまざまな理由があると思いますが、

だからといって、「だめな子供だ!」とか、「どうしたら言うことを聞くのか⁉」と悩んだり、すぐに子どもに対して怒ったりしなくてもいいんじゃないかなと、私は思います!(^^)!

どうしてかと言えば

子供なりにちゃんと勉強する計画を立てているかも…?

親には言いにくい何かがあって、勉強する気分になれていないかも…?

子供が意欲的に勉強できるような環境を、親側として用意できているのかな…?

など、ちょっと立ち止まって考えるべきことはないですか⁉、ということなんです!

このようなことも踏まえたうえで

どうしたら「親が満足できるような勉強をしてくれるのか⁉」ということなのですが

基本的には、

冒頭でお話しさせていただいた、「子供が勉強しない、6つの理由」を理解し、それについて対応していけば、

そうそう単純なことではないですが、

ある程度は解決につながるんじゃないかなと思います!(^^)!

ですので、子供が勉強しないときの対応について考えてみたいと思います!

子供が勉強しないときの対応

勉強する時間を決めさせる!

子供が、楽しいゲームをしたり、友だちと遊びに出かけたりしたいのは当たり前のことで、

子供の成長にとっては、ある程度はそれも大切なことだと思います!

勉強が後回しになっていても、すぐにゲームや遊びをやめさせるのではなく

遊びと勉強の両立」について言い聞かせるようにしたらどうでしょうか(^▽^)/

勉強することだけを強制すれば、子供は反発したい気持ちになるになるに違いありません!

そうではなくて、

「遊ぶときは遊び、勉強するときはちゃんとする!」といったことで

子供も納得できるように

「〇時~△時まではお勉強する時間、それ以外は思いっきり自由に遊んでもよい♪」

【〇時からは必ず勉強、終わったら自由に遊ぶ】というように

“遊び”と“勉強”にメリハリをつけて

【時間を決めて勉強する】ように子供自身に決めさせるようにしたらどうでしょうか( ^)o(^ )

なぜ勉強は将来大切なことなのか、の話をする!

小学校時代ですと特にですが、

まだ将来のことについて、ちゃんとした考えをもつことはできないですし、進学についても興味はあまり持っていないと思います。

ですので、

あまり強く言ったり、“お説教“になってはいけないと思いますが

勉強をしておくと大人になってから、いっぱい役に立つので大事なことだよ

けんちゃんは大きくなったら何をしたいの?、そのためには勉強はとっても大切なことだよ」などと

【勉強は将来の生活に役立つ大切なこと】と

時々、勉強の意義や大切さを話してやって、将来の自分をイメージさせるのもいいと思います!

学習内容が理解できてないときは、サポートしてやる!

「学習したことをちゃんと理解できているのかな…?」と

時折、パパ、ママは子供の勉強がしている様子から見抜いてやってほしいと思います!

子供が、“学習内容が難しすぎる“と、戸惑っているときは勉強したがらないものです。

ですので、

「ここはどうも解かっていないなぁ(´;ω;`)」と感じたら

前にさかのぼってもう一度やらせてみたり、

どこが理解できないかを聞き出したりして

子どもが「確実に理解できる」レベルまでサポートしてやる必要があるのではないでしょうか。

子供が解からなくてストップしていたことが理解できたら、楽しく勉強を前へ進められると思います( ^)o(^ )

勉強する計画を立てさせる、またはアドバイスする!

学校が土日休み、連休、夏休みなど長期の場合、、

家族とのお出かけや、クラブ活動、友達との約束事などがありますよね!

このようなスケジュールを考慮して、

勉強できる日、できない日を組み入れて、勉強する予定を立てておかないと

どんどん期日が迫ってきても、日数が無くなってくると

かえって“ヤル気”がダウンしてしまうなんてことにもなります(´;ω;`)

休日の前には、

「ちゃんと勉強スケジュールをたてるよう」言い聞かせて

もし自分で計画するのが難しいようだったら、手助けしてあげたらどうでしょうか!(^^)!

集中してできる学習環境を作ってあげましょう!

私の長男が小学5年生まで、次男が1年生までは、家庭皆が集合住宅住まいで

長男、次男とも家族皆がいる1つの部屋で一緒に宿題など勉強していました!

やはり、話し声やキッチンで調理する音などでとても集中して勉強している様子ではありませんでしたが、

現在は、長男、次男とも別々の部屋を与えられたことで、以前とは違ってちゃんと勉強することができています。

子供たちそれぞれに個別の勉強部屋を、というわけにもいかないと思いますが、

今勉強している部屋の環境を見直して、例えば

机を入り口から離れた位置にしたり、向きを変えたり

兄弟が一緒なら、カーテン、つい立などで間仕切りを設けてやる

勉強している部屋はきちんと整理整頓するなど……

また、パパ・ママは見たいTVがあっても子供のために観ないようにする

掃除機を使ったり、あまり大きな音の出る作業はちょっと休む、etc…

このように家族皆で、

いい学習環境を作り出すことを考えてみたらどうでしょうか!(^^)!

頻繁にしつこく「勉強しなさいっ!」と強く言ったり、叱ったりしない!

大人だって、あまり口うるさく「ああしろ、こうしろ!」言われたら、イヤになって反対にやりたくなくなるんじゃないでしょうか(´;ω;`)

子供が勉強に向かわないと、親の気持ちとしては「勉強しなさい!」と叱りたい気持ちはよくわかります!

ですが、子供がなかなか勉強する気にならない理由は、

はじめにお話しさせていただいたように、

子供側にもそれなりの訳があるんですよね!

ですので、毎日決まったように「勉強しなさいっ!」を連発しないで

時には強く言いたい気持ちをちょっと抑えて、

何時から勉強する予定にしてるの?」とか

その遊び終わったら勉強しようか♪」のような言い方をしてみてはどうでしょうか( ^)o(^ )

今回は、
「子供が勉強をしないっ!」どうしたらいいの😢…?についてお話しさせていただきました。

なにか参考にしていただけたら嬉しいです( ^)o(^ )

ここまでご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう!(^^)!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする